2006年05月05日

「のれそれ」と「蛸の卵」

さかなやさん
今日は祭日だけど、築地市場開市日。
友人が「のれそれ」、私が「蛸の卵」を購入。
早速、調理して食卓に並べて・・・
蛸の卵を煮ています 煮あがると、米粒のよう
卵を持った蛸のこと、「飯(いい)持ち」と呼ぶくらいに、
米粒のような卵がぎっしりと詰まっているんですね。

のれそれ 平べったくて長いです
「のれそれ」は、今の時期だけしか食べることのできない穴子の稚魚。
ツルッとした食感が特徴です。

教訓・・・珍味は沢山食べるとありがたみがなくなり、珍味ではなくなります。
この記事へのコメント
>教訓・・・珍味は沢山食べるとありがたみがなくなり、珍味ではなくなります。

何事もほどほどが大事と言うことでしょうか。。。。。(爆)
Posted by Sr'maggiore at 2006年05月08日 00:01
Sr'maggioreさん、確かに・・・
moderatamente!
過ぎたるは及ばざるがごとし・・・(汗)
Posted by l'altoro firmamento at 2006年05月08日 08:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。