2006年05月24日

アルカイックなお店で

蕎麦の名店として知られる伊豆「朴念仁」のご主人“石井仁氏”が
一番弟子にお店を任せて、銀座にコース仕立ての和食を供する「古拙」。
昼時は、蕎麦ではなくて、美味しい【うどん】がいただけます。
古拙 昼時のお品書き
本日は、うどんと鉄火丼がセットになった「小鉄丼」¥1,575也。
古鉄丼お品書き 小鉢と江戸前玉子焼き
小鉄丼は、小鉢・江戸前玉子焼き・(小)の もりうどん or かけうどん
そして、本マグロの鉄火丼がセットになっています。
もりうどん 出汁で割ります
もりうどんのツケ汁は、蕎麦湯のように出汁湯で割っていただけます。
鉄火丼は、マグロ“づけ”の加減、酢飯の塩梅、いい感じ。
本マグロの鉄火丼
そして何よりも、お手頃昼飯価格なのに【器】が良い感じなのが私好み♪

次回は、いなり寿司を「おみや」にしたいと思う私。


※参考
古拙:美術・建築などで、技術的にはつたないが、古風で素朴な趣のあるさま
(三省堂提供「大辞林 第二版」より)  古拙=英;archaic(アルカイック)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。