2006年11月28日

緑か黒か?

GUINNESSのBITTERはGreenの缶
Wineと同じくらいにBeerも飲むわけで、でたまにはGreenを・・・

ギネスのドラフト缶といえば、「フローティング・ウィジェット」、
缶の上部に、小さなプラスティック製のボールが入っていて、
これが小さな樽の役割を果たして、パブで飲む生ギネスのような
豊かでクリーミーな泡を再現してくれるんだとか。
ギネスといっても黒ではなくて茶褐色
もちろん、緑の缶もこの仕組みなので、本場の味?
ダブリンで飲んだことがないから、本場の味は判りませんが(笑)

グラスに注いでから、泡が落ち着くまでしばし待つとクリーミーな泡に。
緑の泡です 黒の泡です

やっぱり、飲みなれた黒の方が落ち着くかも・・・?
やっぱり飲みなれた黒でしょ?
posted by altro at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ● 呑みなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。