2007年01月07日

大阪で粉もん

前回大阪で食べた“たこ焼”は三角公園脇の【甲賀流】
で、今回食べたお店は、花園町商店街にある【一富久】
一富久 店内にて
カウンター席の店内にて座って焼きたてが食べらるお店で、
店内は何ていうのかな?東京にはない、これぞ大阪のたこ焼屋って感じ。
二杯酢と七味をかけると、あっさり美味しく食べられるという
“ネギのせたこ焼”と、初体験の“イカ焼”を。
ネギのせ たこ焼 イカ焼
カウンターにあったマヨネーズを搾ってビックリ、
マヨネーズがモンブランみたいに
ケーキのモンブランのように出てきた!大阪では当たり前なのかな?

大阪にはこういう形態のたこ焼屋って多いのかも知れないけど
江戸っ子の私には、味も店内も新鮮なお店。
地元の人には人気のようで、持ち帰り客も切れることがなかったしね。
この記事へのコメント
大阪の家庭には一家に一台必ずタコ焼き器があるのだそうです。
私も一応買ってはあるのですが、出来上がったら・どんなにまずいか・・・
良かったら今度来た時持って帰る〜?
油がしみこんだ頃に返してね(爆)
作るのはいいですぅ〜って声が聞こえてくるワン。
自分で作って食べるお店もあっていつも並んでいるお店もあるわよ。
Posted by ジョセフィーヌ at 2007年01月11日 12:20
> 良かったら今度来た時持って帰る〜?

箸より重たいものはちょっとねぇ・・・

ジョセフィーヌ家のリビングで
たこ焼パーティーってのはどう?
Posted by l'altoro firmamento at 2007年01月11日 17:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。